1. HOME
  2. ブログ
  3. 歳時記
  4. 大暑-たいしょ-

COLUMN

コラム

歳時記

大暑-たいしょ-

一年で最も暑くなる時期のことを意味しています。

大暑の日にスーパーなどでたくさんの天ぷらが売っているのを目にしたことはありませんか。これは大暑の日は最も暑くなることから、「栄養満点な天ぷらを食べて厳しい夏を乗り切ろう」という意味があるようです。

江戸時代に太玄斎(常陸宍戸藩の第5代藩主松平頼救)が記した暦についての解説書「暦便覧」において「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されています。このことからも、大暑には快晴が続き、気温が上がり続けるころという意味であったことがわかります。

関連記事

好生日和 〜青木孝子のブログ〜

  • 冠婚葬祭の研修

    本日松本中央公民館にて「りんどうの会」の皆様に冠婚葬祭のお話をいたしました。とても真剣に取り組んでいただけ、ま

  • 新人研修

    コロナはなかなか終息せず世の中はWITHコロナで社会が回っています。 毎年のことですが、4月は病院や公的な機関

  • 今年の一文字 「活」

    2022年 新しい年の松の内もあけ、いよいよ本格的に始動です!今年はどんな年になるでしょうか。 落ち着いていた