1. HOME
  2. ブログ
  3. 歳時記
  4. 大暑-たいしょ-

COLUMN

コラム

歳時記

大暑-たいしょ-

一年で最も暑くなる時期のことを意味しています。

大暑の日にスーパーなどでたくさんの天ぷらが売っているのを目にしたことはありませんか。これは大暑の日は最も暑くなることから、「栄養満点な天ぷらを食べて厳しい夏を乗り切ろう」という意味があるようです。

江戸時代に太玄斎(常陸宍戸藩の第5代藩主松平頼救)が記した暦についての解説書「暦便覧」において「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されています。このことからも、大暑には快晴が続き、気温が上がり続けるころという意味であったことがわかります。

関連記事

好生日和 〜青木孝子のブログ〜

  • 市役所の新人研修を行いました

    2月5日 毎年この時期ですが、新人研修を行いました。 初々しいスーツに身を包み、真剣な表情でご参加いただきまし

  • ダイバーシティー講座担当

    1月14日安曇野市役所にて、あづみの国際ネットワーク主催の日本で生活するために知っておきたいマナーとポイントと

  • 久しぶりの研修旅行

    11月 朝虹を見ることができ、わくわくしながらの出発となりました。 高速道路を通り、一路岐阜へ あちらは雨が降