1. HOME
  2. ブログ
  3. 歳時記
  4. 大寒 -だいかん-

COLUMN

コラム

歳時記

大寒 -だいかん-

大寒は「寒さが最も厳しい時」と言われます。大寒と小寒を合わせて、「寒の内(かんのうち)」と呼びます。寒の内は、1年でもっとも寒い時期で、各地で最低気温を記録するのもこのころです。

寒の内は合計約30日間。小寒に入ることを「寒の入り(かんのいり)」、大寒が終わることを「寒の明け(かんのあけ)」と呼びます。

大寒が終わると、春の始まり「立春」を迎えます。まだまだ寒いながら、冬の極みは過ぎ去り、春への準備が進む季節です。

関連記事

好生日和 〜青木孝子のブログ〜

  • 人日の節句 七草がゆ

    本日1月7日は七草の日で、七草がゆをいただきました。 七草の日1月7日は「人日の節句」のことで、七草がゆをいた

  • 芸術の秋

    11月12日 伊那文化会館で行われました「魔笛」 へ行ってきました。生の演奏にオペラは素晴らしかったです

  • 定例会  ブログ研修

    本日定例会にてブログの研修