1. HOME
  2. ブログ
  3. 歳時記

COLUMN

コラム

歳時記

小満-しょうまん-

陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満といわれています。ようやく暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつ...

歳時記

立夏 -りっか-

夏が立つと書くように、夏の兆しが見え始める頃という意味で、陽気も増し夏の気配を感じる時期です。暦の上では立夏から夏に入るため、「立夏を迎え、暦の上で...

歳時記

大寒 -だいかん-

大寒は「寒さが最も厳しい時」と言われます。大寒と小寒を合わせて、「寒の内(かんのうち)」と呼びます。寒の内は、1年でもっとも寒い時期で、各地で最低気...

歳時記

小寒 -しょうかん-

暦の上で「寒さが厳しくなり始めるころ」という意味があります。この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の...

歳時記

冬至 -とうじ-

冬至とは、1年間の中で最も昼間が短い日のことです。この日を境に日照時間も長くなっていきます。この日には、「ん(=運)」がつくものを食べると運を呼び込...

歳時記

大雪 -たいせつ-

小雪から数えて15日目ごろ。山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節ということから「大雪」といわれます。本格的に雪が降り始めるころです。このころになる...

歳時記

小雪 -しょうせつ-

色づいていた紅葉が落ち始め、山々ではチラチラと雪が降り始めるという意味です。雪の量はまだそれほど多くは無いので「小雪」と呼ばれています。小雪は冬の入...

歳時記

立冬 -りっとう-

季節の変わり目で昼夜の寒暖差が大きくなる時期となり、一年の中で最も体調をくずしやすい時期とされています。そのため、立冬は「十分な休息と栄養をとり、冬...

歳時記

  • 1
  • 2